HOME > 癌とNK細胞
head_img_slim

癌とNK細胞との関係について

人間の体の中で細胞が分裂して、古い物から新しい物に入れ替わります。 しかし、その細胞が異常な増え方をしてしまうと時には塊になり、その塊の事を腫瘍と呼びます。 またそこから他の部分にドンドン水がしみて行くように広がって行くのが浸潤、別の場所に移動して同じ様に腫瘍が出てきてしまうのを転移と言います。 腫瘍には良性の物もありますが、悪性の物もあり、それをガンと呼びます。

発症する原因は加齢、喫煙、ストレス、栄養不足、感染等その人によって違います。 また短期間で発症する場合も有りますが、色々な要因が長期的に積み重なって発症する事も有り、放置しておくと徐々にその被害の範囲を広げて行ってしまう為、治療が行われます。 現在は手術、放射線、化学療法などが利用され、治療hは単体で行われる事も有りますが併用される場合も有ります。

また、同じ様にガンになったとしてもその被害が広がるスピードは人によって違います。 その違いを生むのが免疫機能です。 そこで重要な役割を担っているのが、NK細胞です。 この細胞は、ウィルス等によって体内の細胞に異常が起きた時に、それらを攻撃する役割を担っています。 またこの細胞自体は今まで遭遇した事が無い最近やウィルスに対しても攻撃を加える事が出来ます。 また攻撃するかどうかという事を判断する機能もある為、全ての異常に対して反応するという訳ではありません。 そのため、ガン細胞を見つけた場合も、それに対して攻撃し排除する役割を担っています。 ただ、実際にそういった異常のある細胞が出来るというのは、特別な事ではありません。 実際にはどの人も体内で毎日3000個から6000個のガン細胞が生まれているからです。 しかしそれが悪化する事無く健康を維持する事が出来るのは、NK細胞がすぐにそれを攻撃して排除しているからです。

とはいっても、その人の体の中の状態によってはNK細胞の働きが正常に行われない場合があります。 その原因となるのが、加齢、食生活、ストレス、生活習慣などです。 元々体内に起きている細胞の異常を感知してすぐに攻撃、排除する役割を担っていますが、いつも正常にその役割を担う事が出来るという訳ではありません。

例えば、加齢によってその人の体質等が変わりますが、実際には年齢が上がれば上がる程免疫機能は低下して行きます。 20代が最も高く、そこから徐々に下がって行き、50歳には20代の時の半分程度、70歳から80歳では4分の1程度まで低下して言ってしまいます。 また、ストレスも大きく影響する要因の一つです。 適度なストレスはその人のやる気につながる場合も有りますが、過度にそれを感じ続けると精神的な疲労が蓄積してしまいます。 そうすると免疫力が低下し、病気になりやすくなってしまう事があります。 これがストレスが病気の原因となると言われる理由です。 また日常週刊で影響を及ぼしやすいのが喫煙です。 喫煙する事によって白血球の一種であるマクロファージがその有害物質を吸収しますが、その時に排出される活性炭素によって免疫機能が弱まってしまいます。

通常、NK細胞は体の中で何か異変は起きていないかとパトロールした状態になっており、他の部分から指令を受ける前にその異変を察知し、攻撃、排除する事が出来ます。 そのお陰で何らかの病気になったり、調子が悪くなるという事も無く、健康的な毎日を送る事が出来ているのですが、そうした異変を感じとる役割の物が正しく働かなくなってしまうと、何か異変が起きたとしてもそのまま放置という事になってしまいます。 そうすると以前の状態であれば悪化する前に排除する事が出来ていたはずなのですが、正しく免疫機能が働かない為、そのまま悪化して行ってしまい、結果的にその人の健康状態に大きな影響を与える事も有るのです。

ガンと言うと、高齢になってから発症する病気とか、一度なったら手術するしかないと思っている人もいますが、実はそういう訳ではありません。 年齢に関わらず、免疫機能の働きが異常になってしまうと、その発症リスクは一気に上がって行ってしまう可能性があります。 また細胞の増殖のスピードは年齢、部位等によっても違っており、出来た部位によって悪化するスピード等も大きく変わってしまいます。

免疫機能は、ガンの発症リスクを抑える物です。 その大きな役割を担っているのがNK細胞で、この細胞があるからこそ人間の体の中の機能が維持されています。 ただ、周りの環境やその人の体調、生活習慣、年齢などによっても免疫機能が低下してしまう事も多い為、まずはそういった免疫機能を低下させない様にします。 そこで行われるのが体温をアップさせたり、食生活を改善したり、運動して体を動かしたりする事です。 勿論禁煙や日頃感じているストレス軽減等も関係しており、そういった工夫を行う事でNK細胞の働きが活発化し、免疫機能の回復も期待する事が出来ます。


ページトップに戻る