HOME > NK細胞が活性化しすぎて不妊症?
head_img_slim

NK細胞が活性化しすぎて不妊症?

病気にかからないためには、免疫機能を高めることは大切です。免疫力が高ければ、がんやインフルエンザ、アレルギーなどの病気のリスクを下げることができます。 しかし、免疫力が強過ぎると不妊症になってしまう可能性があります。これは免疫性不妊症と呼ばれるもので、ナチュラルキラー細胞、NK細胞ともいわれる細胞が活性化し過ぎて不妊症や不育症の原因となってしまうこともあるのです。

免疫が受精を妨げる理由

免疫とは、体に侵入してきたウイルスや細菌、がんなどを攻撃して体を外敵から守る働きのことをいいます。なかでも免疫の中の最前線で働いているリンパ球の1種がNK細胞になります。がん化した細胞やウイルスに感染した細胞はないかを常にチェックしています。異常のある細胞を見つけるとすぐに攻撃をして細胞を殺し、がんやウイルスが広がるのを防ぐという役割があります。 健康を保つ上では重要な役割をしていますが、その数が多過ぎると着床障害や流産に繋がってしまうこともあります。

これは、NK細胞ががん細胞や細菌と同じように、受精卵を異物と認識してしまい攻撃することなどによって引き起こされます。 この細胞の数値を調べるためには、不妊を専門としている病院などで検査することができます。

数値が高いという場合には、この数値を正常に戻していくことによって妊娠しやすくするという方法もあります。正常な数値にするためには卵黄に含まれる「イントラリピッド」という成分が効果的だとされています。自分でできるケアの範囲としては卵黄を使った料理と大豆オイルを一緒に摂取することで、細胞膜を正常に戻して強過ぎる免疫力を抑えることができるようになるといわれています。

また、受精卵だけではなく精子を異物と判断して排除してしまうため、妊娠が難しくなっている場合もあります。珍しいケースでは、男性自身が身体の中で抗精子抗体を作ってしまい妊娠し辛くしているケースもあるとされています。 原因不明の不妊であったり、精子通過障害など予測不可能な受精障害が見られた場合には抗精子抗体であることも考えられます。

検査方法

これを調べるためには、フーナーテストと血清による精子不動化テストの二種類があります。

フーナーテスト

フーナーテストは、性行為を行なった後に子宮頚管粘膜の中にある精子を採取して調べる検査になります。粘膜の中に精子が確認できない場合には、無精子症や抗精子抗体、子宮頚管炎などの病気の疑いがあるとされています。

血清による精子不動化テスト

抗精子抗体の場合、このフーナーテストで発見されることが多く、数回行って思わしくない結果である場合には、精子不動化テストが行なわれます。

精子不動化テストは、女性の血液を採取して、その血清の中に入れて健康な男性の精子を入れて観察することで検査していく方法です。抗精子抗体があれば自然妊娠することは難しく、抗体価が低い場合には人工授精、高い場合には体外受精などの治療方法によって治療を行なうことが一般的です。

抗精子抗体が何故できるのかは今のところ良く分かっておらず、体に炎症やアレルギーを持っている、強いストレス状態が続いている人に出やすいのではないかと考えられています。

不妊の原因

不妊の原因は解明されているものから、原因不明な物までさまざまなものがあります。免疫という思いもよらないことが原因であることもあるため、疑わしい場合にはしっかり検査を行なうことによって原因を知ることができます。

ウイルスや細菌から体を守るためには免疫機能は重要なものです。しかし、高過ぎると妊娠に必要な精子や受精卵を異物とみなして排除してしまう機能もあり、自然妊娠が難しくなります。

自然妊娠するのは難しいとしても、薬や漢方薬などによって改善していくことはできるとされています。

また、女性側の治療としては4〜6ヶ月ほど精子との接触を断つことで抗体が減少することもあります。減少したところで性行為を行なうことで妊娠する可能性もあります。 方法によっては妊娠も十分に可能です。赤ちゃんを育てるためには、免疫ばかりではなく母体である体も健康である必要があるため、生活習慣の見直しやストレスを溜めないこと、食生活に気をつけたり、冷え性を改善していくことなども大切です。

ほかにも、免疫だけではなくホルモンバランスを整えていくことなども重要となります。ホルモンが乱れている場合にはホルモンを整えるような生活を行なうと同時に、ホルモンを整えることのできる治療などが行なわれます。抗精子抗体以外にも、子宮筋腫や子宮内膜ポリープなど妊娠しにくい原因はさまざまな物があります。 しっかり原因を知ってからそれに合わせて治療していくことが大切となります。

女性ばかり原因を探られることも多いですが、男性側に原因があることも十分に考えられます。女性ばかりではなくしっかり男性も調べることによって、悩みを改善していくことができるようになります。 男性の場合も、生活習慣の見直しやストレスなどを改善していく必要があります。

参考記事


ページトップに戻る